アマゾン商品券

去年までは携帯のMNPで商品券をいっぱい貰えていたので、アマゾンで買い物するのには何も考えなくてよかったんですよね~

もうさすがにバブルは、やってこないだろうとは思いつつ、アマゾンでの買い物用に商品券を仕込まないといけません。
会社での購買物品は基本的に自分が立替精算するからです。
・・・つまり10%引きのギフト券を手に入れれば、その分が差益として僕のポケットに入ることに。

去年まではただで手に入れた商品券がありましたので、本当に儲かりまくったんですが、今年からはちょっと頑張らないといけません。

前置きが長くなったんですが、今、アマゾンでやってるキャンペーンが結構お得。
やり方はアマゾンのページで見て確認していただく必要がありますが、30000円分をネットバンキング経由で買うと5300円のバックがあって、手間が一番かからない。(ー_ー)!!
コンビニでチャージすると3000円位安くなってしまうので、是非とも銀行経由でやりたいところですな。
これ今日10/31までですよ。まだの方は速攻でエントリーして、購入されたら如何でしょう??
エントリーしないと無効なので要注意!!

銀行金利が限りなくゼロに近いのに、不思議なことにキャッシュバックは結構大盤振る舞いなところが多いですな。
消費が落ち込んできているのか、はたまた広告宣伝費のタガが緩んできているのか??

30000円分買って、35300円になるわけですから買わないと損ですわな。
アマテンとかでも7%オフ位ですから1割くらいお得ですな。(´・ω・`)

ZENFONE5 バッテリー交換

昔書いていたブログのサーバーが契約切れ前ですので、アクセスの多かった記事を移転しました。


自分用といたしまして、格安スマホのZenFone5を持っております。

これは格安スマホとは言いつつも、スペックはかなりのもので、あと2年くらいは使えそうな感じ・・・

ところが今年に入って、電池消耗が早くなってきており充電の煩わしさを感じるようになっておりました。

そこで、いつもの短絡思考で、
バッテリー換えたらいいんじゃね?

・・・換えてみましたよ。
結構いい加減にやってもできました。

参考にしたのはココ ↓

【自分で】ZenFone5のバッテリー交換方法

アマゾンでZenFone5の交換用バッテリーが販売されていました。ヘタレが気になる方、こちらを試してみるのもアリかもです。 自分で分解・修理するとメーカー保証が受けられなくなります。また、分解・修理に伴って故障する可能性があります。自己責任にて行いましょう。 …

参考サイトにもあります通り、ネジ外したりしたらメーカーサポート対象外ということもありますので、あまりお勧めはしませんが、やりだしたら結構すぐにできます。
メーカーに出したら、数週間かかって、10000円位かかるという話ですので、最悪買い替えを覚悟するならチャレンジもありなのではないかと・・

以下、興味のある方のためになればと思い、記録として残しておきますね。

①必要なもの
交換用バッテリー・精密ドライバー


IMG_0115

ちなみに画像のドライバーはダイソーで売ってた100円のやつです(^^ゞ

②裏蓋を外してネジを取る。

IMG_0121

③ケーブルを抜く
赤丸のところのケーブルをそれぞれ抜きます。
2016/02/16追記 赤い枠2箇所ありますけど、下の方(micro usb側)は外さなくても出来ます。
白いぽっちを上に引き上げてやって、丁寧にフィルムケーブルを抜きます。

IMG_0121

④バッテリーを取る
簡単そうに見えますがこのあたりから時間がかかります。
アルミのバッテリーカバーが結構変形しますが、このあたりはあとで成形しなおせばいいので、ある程度大雑把にやったほうがいいかも。
写真を見てもらえばわかりますが、両面テープで貼ってあるため、結構めんどい。

IMG_0124

⑤カバーからバッテリーを外します。
バッテリーはきっちりと両面テープが張って固定してますので、ちまちまやってたら永遠にはがれません。
ここは「えいやっ」とカッターを挿入 漢です!!
※カッターでやるしかなかったのですが、できるだけ金属部分に刃を当てるようにゆっくりと切り進みます。

IMG_0125

解体後はこんな感じ。IMG_0126

赤枠で囲ったところに結構べったりと両面テープが張ってありました。
※刃を金属側に沿わさずに、適当にギコギコやっていたら、バッテリーカバーを破ってしまい、軽く火が出てビックリ。(最悪爆発することがあるので、薄い金属へらを使ったほうがいいかもね)

⑥バッテリー装着とカバーの整形
かなり強引にやったので、バッテリーカバーがいい感じに曲がっておりました。ある程度きちんと手で戻した後に、細かい修正はドライバーとかでねじ込んでいけば、ぼちぼち戻りますので、ここにも時間をかけておいたほうがいいかも。

・・・ねじを締めて戻していくだけなのですが、その前に電源を入れて動作確認を行ったほうがいいです。
フィルムケーブルがきちんと刺さっていなかったりする可能性があるので。

んで、戻しておしまい。

バッテリーを外すのに試行錯誤したせいで、1時間半くらいかかりましたが、バッテリー代が3000円もしないので、外注に出すよりずっといいです。(^◇^)

死ぬくらいならやめればいいのに

電通の過労死問題などが引き金で、また最近この手の問題がクローズアップされてきています。

さすが電通だけあって、見事にマスコミを抑え込んでいます。
さすが電通ですが、これで黙ってしまうマスコミは本当にゴミですな。

過労自殺「死ぬくらいなら辞めれば」ができない理由 漫画作者に聞く

過労自殺「死ぬくらいなら辞めれば」ができない理由 漫画作者に聞く – withnews(ウィズニュース)

電通の女性新入社員(当時24)が過労自殺し労災認定された問題を受け、ある女性イラストレーターが漫画を描きました。

ここでマンガが書いてあるんですけど、明日会社に行かなくていいために電車に飛び込むという選択肢を考えてしまうあたり、大抵のサラリーマンなら思い当たるんじゃないですかね?

僕は田舎住まいですから、深夜に家に帰る途中で、『このまま車を電柱にぶつけたら通勤労災だし明日から会社行かなくていいよなあ・・』とかよく考えてました。

まあ、こういう考えを持っちゃう人って自分もそうですけど、たぶん違う会社行っても同じことを繰り返すんじゃないのかな?
なんか自分が頑張らないといかん・・って思ってリミッター辺りまで頑張るんだけど、周りは意外とそこまで求めていないのかなあ・・と。

求められてないのに勝手に働いて、勝手につぶれていって・・というのが今の自分です。
やっぱりね、仕事の仕方を変えていって途上国レベルまで落としたほうがいいんじゃないですかね?
自分も含めて、いまうつで治療中の皆さん??