死ぬくらいならやめればいいのに

電通の過労死問題などが引き金で、また最近この手の問題がクローズアップされてきています。

さすが電通だけあって、見事にマスコミを抑え込んでいます。
さすが電通ですが、これで黙ってしまうマスコミは本当にゴミですな。

過労自殺「死ぬくらいなら辞めれば」ができない理由 漫画作者に聞く

過労自殺「死ぬくらいなら辞めれば」ができない理由 漫画作者に聞く – withnews(ウィズニュース)

電通の女性新入社員(当時24)が過労自殺し労災認定された問題を受け、ある女性イラストレーターが漫画を描きました。

ここでマンガが書いてあるんですけど、明日会社に行かなくていいために電車に飛び込むという選択肢を考えてしまうあたり、大抵のサラリーマンなら思い当たるんじゃないですかね?

僕は田舎住まいですから、深夜に家に帰る途中で、『このまま車を電柱にぶつけたら通勤労災だし明日から会社行かなくていいよなあ・・』とかよく考えてました。

まあ、こういう考えを持っちゃう人って自分もそうですけど、たぶん違う会社行っても同じことを繰り返すんじゃないのかな?
なんか自分が頑張らないといかん・・って思ってリミッター辺りまで頑張るんだけど、周りは意外とそこまで求めていないのかなあ・・と。

求められてないのに勝手に働いて、勝手につぶれていって・・というのが今の自分です。
やっぱりね、仕事の仕方を変えていって途上国レベルまで落としたほうがいいんじゃないですかね?
自分も含めて、いまうつで治療中の皆さん??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です