年末の準備

あと2週間切ったのね

伊勢神宮のお参りシリーズで長期にわたって引っ張ったので気づきませんでしたが、年内はあと2週間無いんですね。

伊勢神宮を参拝した際に、近くのイオンにてジャンボ宝くじを買っておきましたが、今日は一粒万倍日ですので、後ほど追加で100枚ほど買っておきたいと思います。
宝くじを買うべき日

宝くじを買うのによい日一覧

ついでに近くの神社にも無事に帰ってきたよ~(^^)/って神様に報告しておこうかと。

・・・今年はかなりスピリチュアルな方向に自分が進んでるように思うけど、年取って体力が衰えてくると、自分の力より精神世界への依存が高まるらしいから結果そうなっていくらしいです。

本当かどうか知らないですけど、年寄が急に信心深くなるのはその辺のメカニズムらしいですよ。
僕の場合も、うつ病と加齢のダブルパンチですので、当然っちゃ当然なんでしょうね。

どのみち今年は本当に色々とありましたが、考えてみると6月くらいから働いてないんだよねえ。
本当に来年は一体どうなってしまうのか?

ちょうど今週は、会社からも連絡があって、来年は出社できるか?と聞かれたんで、『無理でーす』と答えたばっかりなんですけど、将来のことってのを客観的に考えると、そろそろ出社しておいたほうが良いんじゃない?とも考えられるし・・(-_-;)
ダメなやつは何やってもダメなんだから、今から来年のことをグズグズ考えても意味ないんだけどね。やっぱり不安になってきます。\(^o^)/

掃除・片付け・料理

やらなきゃなんないことはいっぱいあります。
掃除にしても、今まで適当に部屋の片隅にポンと置いていたカバンとか、出来るだけ使うものが手元にあるような感じで片づけていきたいし、使ってないものについては今回のお休みを機に、少しずつ廃棄していくことも考えたほうがいいなと思っています。
ただ、今後のことと年末の片づけを同時期にやりだしたら、なんとなく大変なことになる‥と言うのは想像に難くないので、まずは目先のことを片付けていきましょう。

料理については、昨夜嫁さんとも話し合って決めたところで、お節料理については最低限を作るという事に。
毎年、お互いの実家でおせちをもらって帰って、結局死ぬ思いで食べてることを反省しての結果です。
カズノコ・黒豆・酢の物少々でいいだろうと。

これであれば、すぐ作れるので特段気にしなくて良さそう。

うつ病のおかげというとおかしいけど、少なくとも健保の手当金が終了するまでは、こういうまったりした生活をしながら、気長にダメなところを直していくしかないんで、あともう少しゆっくりした時間を過ごそうと思ってます。

不眠対策について

最初の不眠の兆候

自分が自律神経失調症の診断を受けるに至ったことの最初が不眠でした。

しかも、最初の頃は早朝覚醒から始まったんです。
会社が休みの時は、朝の3時とか4時に目が覚めるんです。

それで、目が覚めてしまうので会社が休みなのに会社に行って仕事をするんです。

・・かなりのワーホリですわ。バカですね。(^^;)



で、それから半年くらいかけてどんどん睡眠時間が短くなっていったんです。

当時の自分は、仕事が終わらんから、睡眠時間短くなったらその分働けるじゃん。♪

あほか?と。
お前の会社じゃないだろうがと。

見事な社畜ぶりでダメになってしまったわけですが、どうにかこうにか、まだまだ大丈夫さが残っていたようです。

上記のようになる前に、気が付かないといけないのですが、なかなかプロジェクトだなんだと没頭してしまうクセがある人は要注意です。

ヤバい、なんか同じっぽい

もし、今の自分と重なってくるような人がいましたら、まず、一番最初にすることは3日くらい休んで遊びに行きましょう。
出来れば家族と。

僕がいまかかっている病院の先生の言葉ですが、
『自分の時間が1日のうち1時間取れなくなった時点で、働き方を変えないとダメになっちゃうよ』

次に、メンタルクリニックとかで不眠を訴えて、睡眠導入剤をもらってとにかくしばらくぐっすり眠る生活を続けたほうがいいと思います。

で、次にできることは、体を動かすこと。

自分の時間の1時間のうち30分くらいは有酸素運動しましょう
多分それで、導入剤の1錠分くらいにはなるはずですから。

多分ね、おかしいな~と思うくらいに、ちゃんと対応してれば僕もここまで酷くはならなかったと思うんですよね。
死んだら元も子もないですからね。

No Title

No Description


※5pくらいから読んでみるといいかも。

うつで休んでる間のお金

貰える権利のあるもの

多分、うつで休みだす時には、たいていの人がいきなり病気欠勤ではなくて、有休を使用することから始めるんじゃないかな・・と思うんですが、この辺は自分の普通が一般的かどうかという問題があるので、別に置いておくとします。
僕の場合ですが、休みだしたときは、休日出勤時の代休が結構あったのと、ちょうど年度の有休付与日が重なったこともあり、3か月近くを有給で休んでおりました。

その後、3週間ほど出勤したんですが、ガス欠みたいな感じで再度休みだすことに。
・・この時は、休業指示が会社から出るのが暦2か月目の初日という規定があるとのことで、その間が病気欠勤として賃金も有休ベースで支給されました。
・・というか支給されているところです。休業指示日が2017/01/01の予定らしいです。

その後は、完全な病気欠勤の期間になりますので、健康保険の傷病手当金の支給申請を行うことになるわけです。
ちなみに有休とか欠勤中の手当支給は、基本的に勤務する会社の負担になりますが、傷病手当金は、健康保険組合がある会社は健康保険組合、政管健保の場合は国が費用を負担することとなります。

気分の話

自分の場合、有給が残っているうちは、『まあ今までの疲れもあることだし、少し休ませてもらおう』という感じで、後ろめたさみたいなものを感じなかったのですが、それを消化してしまって、病休を会社からもらう段になった時、働いてもいないのにお金をもらっている自分がすごく嫌になりました。

自分の勤務している会社の上司が『こいつ、働いてもないのに金だけもらいやがって!』とか言った訳ではないんです。
単純に、『働いてないのにお金貰うのってどうなの?』って疑問と、なんか悪いことをしている気分。
説明が難しいんですけど、なんかそんな感じです。

こっから先、傷病手当金の支給申請をするときも同じような気分になるのかもしれません。
仕方ないですね。
とにかく、今は体を元に戻す。
変なプライドがあっても生活費が無いことには生きていけませんからね。(^^;)

会社からもひょっとしたらそのうち「辞めてくんない?」って言われるかもしれませんけど、その言葉が出てくるまでは頑張って居残ろうと思ってます。
今の会社は多分辞めることになったとしても、死ぬまでの間には何かしら働いていかないといけませんから、せめてその時に元気に働けるだけのエネルギーをためていこうと思ってます。